FC2ブログ

~奥びわ湖~隠れ里へ

自然と文化科の一泊旅行に参加した。コースは次の通りだ。
一日目/山門 やまかど 水源の森へ(西梅田発~名神・湖西道路(桂川 PA トイレ休憩)→道の駅 追坂峠にて昼食を~
11:00~12:30 弁当持参も可、食事処もあり!→13:00 水源の森着~16:00 まで→宿舎へ
二日目/9:15 出発 竹生島⇔菅浦の湖岸集落~12:30 昼食(つづらお)~メタセコイア並木道へ→帰阪

いつものように西梅田ダイワハウス前を8時に出発して、目的地に予定より随分早く到着した。無理を言って12時15分から案内をしてもらった。4班に分かれて行動をした。かなりハードなコースでアップダウンがあった。3.5kmを3時間かけて回った。脱落者も発生した。丁度端境期の時でササユリなど名物の花がなかった。しかし植生豊かで皆満足している様だった。シロモジやタンナサワフタギなどが多く見られた。17時前に宿に着きゆっくりとした。3次会を経て就寝
二日目は国宝がある竹生島と菅浦の村落見学をして、帰路途中にメタセコイア並木で写真撮影をして、帰阪した。17時

s-IMG_0698.jpg[山門水源の森]
滋賀県北部の長浜市西浅井町 山門(やまかど)にありかつては山門、中、庄の3集落の共有林で、炭や薪を作るために利用されてきた里山である。里山の森に囲まれて、滋賀県内最大級の湿原があり、特徴ある生態系が広がっている。 1960年代まで生産されていた炭は京阪神に出荷され、この地域の生活を支えてきて、その当時は森もよく手入れされていたが、その後森は放置され、里山としての環境は失われていった。湿原は地震による断層活動で形ができ、起源は約4万年前にさかのぼりる。ミズゴケが堆積した泥炭層からなり、強い酸性と貧栄養の湿原で、氷河期から生きるミツガシワをはじめとして、クサレダマ、トキソウ、サギソウなど貴重な植物の宝庫である。

s-ササユリⅡ 190522水源の森

ササユリ

s-シロモジ 190522水源の森

シロモジ

s-タニウツギⅡ 190522水源の森

タニウツギ


s-タンナサワフタギⅡ 190522水源の森

タンナサワフタギ

s-ホウノキ花 190522水源の森

ホウノキ


s-久夫須麻神社[国宝 久夫須麻神社]
社伝では、雄略天皇3年に浅井姫命を祀る小祠が建てられたのが創建という。
『近江国風土記』には、夷服岳(伊吹山)の多多美比古命が姪にあたる浅井岳(金糞岳)の浅井姫命と高さ比べをし、負けた多多美比古命が怒って浅井姫命の首を斬ったところ、湖に落ちた首が竹生島になったという記述がある。一説には首が沈む時に「都布都布(つふつふ)」という音がしたので「都布失島」という名前になったとも、最初に生えたのが竹であったことから「竹生島」という名前になったともいう。

s-宝厳寺本堂

宝厳寺本堂

s-舟廊下

舟廊下

s-三重の塔 竹生島

三重の塔


s-四足門[四足門]
菅浦の地には、奈良時代恵美押勝(えみのおしかつ)の乱で道鏡や孝謙上皇に負け、廃位になった淳仁(じゅんにん)天皇が住んでいたという伝説が残っている。淳仁天皇は、幽閉地で憤死したといわれ、須賀神社の裏山に淳仁天皇の御陵という塚が残っている。菅浦の村に入る東西の道には、四足門と呼ばれる茅葺きの門が残っている。かつては、ここで村に入ってくる外来者の監視にあたったと言われている。また、鎌倉時代から明治時代初めにかけて作られた村落や漁村生活を記した菅浦文書が残されており、平成30年に国宝に指定された。
<国宝>菅浦文書65冊、菅浦与大浦下庄堺絵図(須賀神社) 木造阿弥陀如来立像(阿弥陀寺) 

s-須賀神社Ⅲ

須賀神社

s-メタセコイア並木道

メタセコイア並木

s-旅館つづらお

旅館つづらお


ならなぎロゴ
s-head.jpg






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント