FC2ブログ

本科 同窓会

4月8日本科の同窓会で堺東界隈を観光した。近場であるが全く知らない名所が多い。ガイドさんの説明で千利休を中心に午前中散策した。まず堺市庁の最上階から下界を眺めた。仁徳天皇陵が間近に見る事が出来る。その後、開口神社、妙法寺、千利休屋敷跡、南宗寺と古刹を巡った。サクラがまだ盛んで天候にも恵まれ、良いひと時であった。レストラン木曽路で昼をして親交を深めた。午後から大仙公園を観察して帰宅した。次回は2泊3日で立山へ行く予定である。
[開口神社]s-開口神社Ⅱ
旧市内唯一の式内社で塩土老翁神(しおつちのおじのかみ)、素盞嗚神(すさのおのかみ)、生国魂神(いくたまのかみ)を祀っている。天平18年(746年)行基が境内に念仏寺を建立し、大同元年(806年)空海が宝塔を建てたので「大寺」とも呼ばれている。
元禄3年(1690年)制作された土佐光起筆の「大寺縁起絵巻」、鎌倉時代の仮名の名筆、和歌は京極派の詠み手として知られる伏見天皇の「伏見天皇宸翰御歌集(ふしみてんのうしんかんおんうたしゅう)」、社伝によれば室町幕府十代将軍義稙寄進の「短刀銘吉光(たんとうめいよしみつ)」は重要文化財だ。また、「開口神社文書」は鎌倉時代から江戸時代の開口神社と大寺念仏寺関係の古文書で、府の有形文化財に指定されている。

[妙法寺]s-IMG_9595.jpg
1343年(南北朝時代)、微妙坊法印日祐上人(京都大本山妙顕寺を創建した日像上人の直弟子)により開山された泉州最古の日蓮宗寺院の1つで、境内には堺で生まれた千利休が17歳のときに茶道に入門した最初の師匠である北向道陳(きたむき どうちん)の墓碑、落語の祖とも言われる曽呂利新左衛門の350年忌碑がある。

[南宗寺]s-南宗寺
弘治3年(1557年)三好長慶が父元長の菩提を弔うために、大林宗套(だいりんそうとう)を迎え開山とした臨済宗大徳寺派の寺院。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣による焼失後、寺地を現在の場所に移し、沢庵宗彭(たくあんそうほう)らにより再建が行われた。境内には国指定名勝の枯山水の庭、国指定重要文化財の仏殿・山門・唐門、千家一門の供養塔、利休ごのみの茶室実相庵(じっそうあん)などがある。

s-仁徳天皇陵

上から見た仁徳天皇陵

s-千利休屋敷跡

千利休屋敷跡



s-妙法寺

妙法寺の櫻

s-仏殿 八方睨龍

南宗寺仏殿 八方睨龍



s-利休の墓

利休の墓

s-利休茶室 実相庵

利休茶室 実相庵


ならなぎロゴ
s-head.jpg





スポンサーサイト



コメント

No title

堺の町を歩かれたようで、きっと楽しい同窓会だったことでしょう。
市役所の展望フロアから見る御陵も見ごたえがあるし、千利休屋敷も当時を偲ばせる。
次は立山とか。羨ましいかぎり。
大好きな山で毎夏かよったけれど、ここ数年はゴブサタです。
いい写真をたくさんアップしてください。

Re: No title

> 堺の町を歩かれたようで、きっと楽しい同窓会だったことでしょう。
> 市役所の展望フロアから見る御陵も見ごたえがあるし、千利休屋敷も当時を偲ばせる。
> 次は立山とか。羨ましいかぎり。
> 大好きな山で毎夏かよったけれど、ここ数年はゴブサタです。
> いい写真をたくさんアップしてください。
いつも閲覧いただきありがとうございます。立山行きは皆、健脚なので付いて行くのが大変で自信がないですが、
迷惑かからないよう頑張ります。
非公開コメント