FC2ブログ

尻つけ松明

3月14日尻つけ松明を見に行った。松明は初夜(午後7時)から僧侶が上堂される時、暗いので足元を照らしたことから始まった。ご存知のように松明は修二会が行われる(3月1日~15日未明)間、毎日上げられる。12日には有名なお水取りが行われその日の松明は「籠松明」と言って一段と大きな松明が上げられ見ものであるが、1本ずつ上がってくる。しかし最後の松明は10本一度に上がってくる。階段を上がる松明の炎が前を歩く僧侶の尻に付きそうになる事から「尻つけ松明」と呼ばれている。
遅いだろうなと思いながら、二月堂に着いたのは17時だった。今日はいつもより早く18時30分から上がる。しかし思ったより人出が少なく、まだ芝生(良弁杉あたり)に入れる余裕があった。1時間半寒い中じっと我慢して待った。前の人は昼から陣取っているらしい。まもなくとなった頃、振り返ると凄い観客が来ていた。
いよいよ始まり次から次と上がった。くるくると振り回し火の粉が舞った。壮快である。10分で終わった見物客は大半が満足して早足で帰路に着いたが、2週間我々の代わりに観音様に懺悔されている僧侶に感謝の念を忘れてはいけない。


尻つけ松明
尻つけ松明Ⅱ
ならなぎロゴ
s-head.jpg


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント