FC2ブログ

尾鷲・熊野「暖地性植物&国史跡」を訪ねて

24日、25日自然と文化科の一泊研修旅行に参加した。総勢63名バス2台で出発した。コースは
初日梅田ダイワハウス前→熊野古道センター→九鬼集落・九鬼神社・岬神社→瀞流荘
二日目瀞流荘→丸山千枚田→赤木城址→花の窟神社→鬼ヶ城→土産屋おとと→大阪駅
熊野古道センターで世界遺産大社や古道のビデオを観た後、今日明日案内頂く川口さん、山本さんからスライドによる説明を聴講した。川口さんからは尾鷲周辺の見どころ、山本さんからは九鬼・東紀州の植物だ。その後九鬼集落を通って九鬼神社や岬神社の植物を観察した。珍しい植物が多くあった。2時間ほど観察した後、17時半旅館 瀞流荘に到着した。宴会、二次会、三次会とよく呑んだ。
2日目 丸山千枚田や赤木城址を見学して、昼、世界遺産の花の窟神社を参拝、日本一古い神社らしい。日本書記に記載がある。祭神はイザナミノミコトだ。御朱印をもらった。本殿はなくすごくでかい一枚岩がご神体となっている。近くのレストランで昼食をとり、すぐ前にある七里御浜に散歩した。那智黒石があるとのことだが残念ながら見当たらなかった。次にまた世界遺産である鬼ヶ城を見学した。「おとと」で土産を買い物して帰路についた。大阪駅に18時すぎ到着した。かなり急いだ旅行だったが見どころは一杯あり良かったと思う。

尾鷲の植物
s-ヒメサユリ 尾鷲180524

ヒメサユリ

s-ミサオノキⅡ 尾鷲180524

ミサオノキ

s-オンツツジ 尾鷲180524

オンツツジ


s-カンザブロウノキ 尾鷲180524

カンザブロウノキ

s-ガンピ 尾鷲180525

ガンピ

s-ケチドメ 尾鷲

ケチドメ


s-タイミンタチバナ 尾鷲180524

タイミンタチバナ

s-ツゲモチ 尾鷲180524

ツゲモチ

s-テンダイウヤク 尾鷲180524

テンダイウヤク


s-ヤマビワ 尾鷲180524

ヤマビワ


丸山千枚田

丸山千枚田


s-熊野古道センター[熊野古道センター]
平成16年7月7日に、熊野古道を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、世界遺産リストに登録されました。「熊野三山」、「吉野・大峯」、「高野山」の3つの霊場と、これらを結ぶ「熊野参詣道(熊野古道)」、「大峯奥駈道」、「高野山町石道」からなり、三重県・奈良県・和歌山県に広がっている世界遺産です。

s-花の窟神社
[花の窟神社]
花の窟は、神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、灼かれて亡くなった後に葬られた御陵です。平成16年7月に花の窟を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されました。
花窟神社(花の窟神社)は日本書紀にも記されている日本最古の神社といわれており、古来からの聖地として今に続く信仰はあつく、全国から多くの参拝者がお越しになります。花の窟では年2回、例大祭を行います。神々に舞を奉納し、日本一長いともいわれております約170メートルの大綱を岩窟上45メートル程の高さの御神体から境内南隅の松の御神木にわたします。この「御綱掛け神事」は、太古の昔から行われており「三重県無形文化指定」されています。

s-鬼が城Ⅱ 尾鷲180524[鬼ヶ城]
2004年7月7日「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界遺産に登録された鬼ヶ城は、伊勢志摩から始まるリアス式海岸の南端に位置し熊野灘の荒波に削られた大小の海蝕洞が約1.2km続く凝灰岩の大岸壁です。
高さ2~4mの崖は階段上になっており、数回にわたる急激な地盤の隆起のあとが見られます。
波蝕洞の入口はどれも鷹のクチバシように先端が尖り、天井部分には蜂の巣状の風蝕跡が見られ床面は板のように平らかな棚となっています。中でも東口にある千畳敷は上下2段の大きな岩窟で鬼ヶ城のいちばんの見所です。
古くは「鬼岩屋(おにのいわや)」と呼ばれていましたが、有馬氏が山頂に城を築いたのちに現在の名称である「鬼ヶ城」と親しまれています。


奈良の観光案内は「ならなぎ」








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント