FC2ブログ

彦根城と近江八幡散策

3月9日降水確率午前60%、午後60%の厳しい予報の中、ボランティアの観光案内をお願いしているので強行した。まず彦根城に行った。ガイドさんに案内してもらった。前にも来たことがあるが、知らないことが多かった。城の石垣は築城(1607年)からのものがあり、「打ち込みハギ」と見えるが、「牛蒡積み」と言うらしい。また敵の侵入を妨げる「登り石垣」もあった。城内合図の太鼓を置いたところから名づけられた「太鼓櫓門」「続櫓」は[国重要文化財]となっている。一番立派なのはもちろん[国宝]「彦根城天守閣」だ。築城以来残っている天守閣は外観の美しさだけでなく、城本来の機能である軍事面でも優れている。「ひこにゃん」に面会して天守閣に登った後、50m降りて「玄宮楽々園」を見学した。ここは「欅御殿」と呼ばれた彦根藩の下屋敷だ。
彦根城天守閣

彦根城天守閣


s-太鼓櫓 彦根城180309

太鼓櫓

s-天秤櫓 彦根城

天秤櫓

s-ゴボウ積み彦根城

牛蒡積

s-登り石垣彦根城

登り石垣

s-ひこにゃん

ひこにゃん

s-玄宮園Ⅱ

玄宮園



午後から近江八幡に行った。こちらもガイドさんが付いてくれた。近江商人の旧家を歩いた。麻布・畳表・蚊帳の商いをして今は資料館になっている旧伴家住宅、これも麻布・畳表・蚊帳の商いで儲けた西川利右エ門住宅など見学した。西川家の家訓は義理人情を第一として、利益追求を後回しにすることが商売繁盛となり、得られた富に見合った人間形成を行えと説いている。メンタームで有名な近江兄弟社の前にはヴォーリズ像がある。メンタームを企業した彼は伝道師であり、建築家でもある。大丸百貨心斎橋店や同志社アーモスト館など建てている。それから八幡商人たちにより、子どもの教育充実を図るために建てられた「白雲館」や「日牟禮八幡宮」を回った。午後から雨交じりの天候となり風も強くなり震えながらの見学であった。最後ラコリーナ近江八幡に寄ったが、辛党の私は買うものはなく、コーヒーを飲んでゆっくりした。ラコリーナは和菓子やバウムクーヘンで有名な「たねや」が建てた土産物屋だ!帰阪18時半
s-伴家 近江八幡

伴家

s-旧西川家住宅

旧西川家

s-近江兄弟社

近江兄弟社

s-白雲間

白雲閣

s-日牟禮八幡宮

日牟禮八幡宮

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント