FC2ブログ

「茶源郷 和束」見学

6月28日茶源郷和束を見学した。JR加茂駅からバスで20分ほどの所にある。和束山の家バス停で降りて、山側に歩いて10分足らずだ。茶の入れ方教室を受ける者と周辺を観光する者の2班に分かれスタートした。私は興味がなかったので茶の入れ方はパスをした。観光は茶畑を回るのだが、新しい発見が多かった。茶摘みは機械化されていて、年に数回茶摘みをするらしい。日光を遮るとおいしくなることも知った。3.2kmを70分かけてガイドさんに詳しくおしえてもらった。茶畑以外に聖武天皇の皇子安積親王陵墓や弥勒摩崖仏があった。茶畑の観光は初めてで意外な事が多くあり面白かった。15時44分のバスで加茂駅に向かった。
s-茶畑[茶畑風景]
山の傾斜に所狭しと茶が植えてある。緑が映えて大変綺麗だ最高で年に4回茶摘みをする。新茶は立春から八十八夜前後(5月)に。7月に「2番茶」、10月に「秋番茶」、3月に秋番茶あとの揃枝を行わず、越冬後春先に刈り揃えて摘採した茶葉。丁度「2番茶」を摘採されている場面に遭遇した。でっかいバリカンみたいな機械を2人で操りうまく新芽を刈っていた。スピード化だまた写真の上部が黒くなっている部分があるが、それは「寒冷紗」と呼ばれるもので茶木を覆っている。黒色の化学繊維で出来ていて、もともとは新芽を霜の災害から守るものであったが、今は日光を遮るとお茶の風味、うま味、色などが良くなって美味しいお茶が出来ることが分かり、高級な煎茶作りにはかかせない作業になっている。


s-機械化茶摘み風景

茶摘み風景

s-弥勒摩崖仏

弥勒摩崖仏 1300年作


s-茶畑用地

茶畑用地 茶木は30年の寿命であり
これから新しく苗を植える 5年で育つ

s-和束茶カフェ

和束カフェ 土産屋


s-和束荘

和束荘 宿泊施設

s-テラス和豆香

テラス和豆香 茶の入れ方教室


ならなぎロゴ
s-head.jpg



スポンサーサイト



ならなぎ例会「奈良阪コース」

6月20日ならなぎ例会「奈良阪コース」を実施した。40名ほどの会員が集まった。いつものようにバスで奈良阪で行って、奈良街道を下った。30℃を超える気候となり歩きに元気がない。植村牧場で思わずソフトクリームにかぶりついた。殆どが食べていた。このコースを回るのに久しぶりに勉強していたら、少年刑務所がホテルになるのは知っていたが、業者が変わり、2021年開業で星野リゾートが経営をするらしい事を発見した。高級路線で行くらしいが、あの立地で客が来るのだろうか・・・よけいな心配をしながら、五劫院の軒下を借り弁当を食べ転害門を過ぎ、光明皇后陵で解散した。14時半。
s-ナギイカダ 奈良阪コース190620

ナギイカダ

s-シャシャンボ 奈良阪コース190620

シャシャンボ


転害門

転害門


ならなぎロゴ
s-head.jpg


「ぬかた園地」観察会

6月14日「ぬかた園地」観察会に参加した。近鉄額田駅に9時半集合し、まずは「アジサイ園」に向かってスタートした。下記コースに記載のように、高度差がかなりあり、のぼり坂が連続するきつい行程であった。しかし多くの植物を観察でき、疲れも癒された。3時間ほどかけてやっと「アジサイ園」に到着し、お昼をした。昼食後、「アジサイ園」を一周したが、まだ少し早かった。珍しい「まぼろしのアジサイ」と呼ばれているシチダンカを見る事が出来た。14時すぎ生駒山上駅に到着して解散した。
・ コース : 約5時間(昼食込み) 高度差550m約6kmの行程(15000歩) 3班→4班→1班→2班の順にスタート 額田駅(9:30)ー枚岡公園管理事務所(9:45)ー中展望台(10:15)ー双子塚(11:00) ータタラ山(11:30)ー長尾の滝分岐(11:45)ートンネル(12:00)ー合流点(12:15)ー ぬかた園地案内所に到着(先頭3班12:45,最後尾2班13:00)・・ここで昼食   ぬかた園地案内所集合(3班13:30,2班13:45) 班ごとに出発ー桐の広場(14:00)ーアジサイ新道ー 生駒山頂[624m]ーケーブル生駒山上駅に到着(先着3班14:40,最後尾2班14:55)・・ここで解散  ・ケーブル組・・・生駒山上駅~鳥居前駅(360円個人負担)

s-イボタノキⅡ ぬかた園地190614

イボタノキ

s-イワガラミⅡ ぬかた園地190614

イワガラミ

s-ウシハコベ ぬかた園地190614

ウシハコベ


s-オカトラノオ ぬかた園地190614

オカトラノオ

s-クマノミズキⅡ ぬかた園地190614

クマノミズキ

s-ササユリ ぬかた園地190614

ササユリ


s-ツルアリドオシ ぬかた園地190614

ツルアリドオシ

s-ニワトコⅡ ぬかた園地190614

ニワトコ

s-ネジキ ぬかた園地190614

ネジキ


s-シチダンカ ぬかた園地190614

シチダンカ

s-ヤマアジサイⅡ ぬかた園地190614

ヤマアジサイ

s-あじさい園地

アジサイ園


ならなぎロゴ
s-head.jpg



「江崎記念館」見学

6月9日午後から江崎記念館を見学した。JR御幣島から徒歩20分掛るが、大雨で大変だった。記念館の前にアーモンドの木があり、大きい実を付けていた。さすがアーモンドチョコレートで有名な会社ならではだ2班に分かれて案内をしてもらった。道頓堀にあるグリコの看板の歴史のビデオを見てから2Fに上がり説明を聞いた。創業者のことや、商品のラインナップ、グリコのおまけ、会社名は牡蠣に含まれている栄養素グリコーゲンからきている由来など興味深い話だった。極め付きは活動映画付き自動販売機だ。当時2銭を入れるとグリコが出てきて、サービスで活動映画が短時間流れる、続きを見たければまた購入する。すごい販促だ楽しい見学だった。15時終了
s-アーモンド グリコ190607 - コピー

アーモンドの実

s-江崎記念館

江崎記念館


s-自動販売機

自動販売機

s-初代グリコ

初代グリコ


ならなぎロゴ
s-head.jpg


ならなぎ例会「佐紀盾列古墳コース」

6月5日ならなぎ例会「佐紀盾列古墳群コース」に参加した。10時平城駅からスタートだ。古墳が世界遺産に登録されそうで、古墳ブームが起こっており、案内が増えると予想され、しっかりと勉強をしておく事が必要だ。このコースには佐紀石塚山古墳・佐紀陵山古墳・ヒシアゲ古墳・コナベ古墳・ウワナベ古墳などがある。歴史ともうひとつは植物だ。日々花は移り変わっている。少し前にはクロバイの花がきれいに満開であったが、今日は跡形もない。またナナミノキの花は枯れかけていた。サカキがこれからの感じで、ネズミモチは咲き誇っていた。珍しいタチカモメヅルが確認でき、トケイソウもきれいだった。朝方は曇っていたが、徐々に太陽が顔を出し暑くなり、距離が長いため堪えた。15時佐紀神社で解散。
s-イヌマキ 佐紀盾列古墳190605

イヌマキ

s-クリ 佐紀盾列古墳190605

クリ


s-タチカモメヅル 古墳群190605

タチカモメヅル

s-トケイソウ 佐紀盾列古墳190605

トケイソウ


s-ネジキⅢ 佐紀盾列古墳190605

ネジキ

s-ネズミモチ 佐紀盾列古墳190605

ネズミモチ


ならなぎロゴ
s-head.jpg


六甲山麓の植物観察&布引の滝

5月31日六甲山麓の植物観察に参加した。新神戸駅に集合して出発した。すぐに布引の滝があった。まずは雌滝そして距離をおかずに雄滝に到達した。滝に雌雄があるとは知らなかった。ここから水をくみ取り飲料水として利用されている。結構きつい坂道でその道を7kmほど歩いた。途中多くの植物を観察した。河原で昼食後、大龍寺まで登りでその後だらだらした下り坂を歩き諏訪山公園に着いた。そこで解散後バスで三宮へ。
コース
新神戸駅~ 布引の滝~ 布引貯水池~ 市ケ原(昼食)~ 大龍寺~ 大師道~諏訪山公 園~(JR元町駅)

s-クロモジ 190531布引の滝

クロモジ

s-スイカズラ 190531布引の滝

スイカズラ

s-テイカカズラ 190531布引の滝

テイカカズラ


s-ハンショウヅルⅡ 190531布引の滝

ハンショウヅル

s-ホタルブクロⅡ 190531布引の滝

ホタルブクロ

s-ホタルブクロⅢ 190531布引の滝

ホタルブクロ


s-ヤマムグラⅡ 190531布引の滝

ヤマムグラ

s-布引の滝雌滝

布引の滝雌滝


布引の滝雄滝Ⅱ

布引の滝雄滝


>