FC2ブログ

第9回てんとう虫の会

10月29日第9回てんとう虫の会があった。10時京都蹴上駅で集合した。参加者は13名、幹事は山根さんと柳田さんだ。まず蹴上インクラインへ行った。駅から歩いてすぐの所にある。昔は船を引っ張り川上に移動させていたらしい。線路が残っていて趣がある。次に南禅寺に行った。京都らしい町角を見ながら水路閣で記念写真を一枚無鄰庵を見学した。入場料410円。山県有朋の別荘だったとの事。立派な庭があった。蹴上駅から二条城駅に行って、「喜bun上jou」という店で昼食を摂った。近況報告などをして14時になった。その後神泉苑や御所を散策して行程を終えた。御所で迎賓館を見学したい人がいたので、そこで解散した。目的は紅葉狩りであったが少し時期が早く今一であった。

s-びわ湖疎水船[びわ湖疎水船]
明治23年(1890年)の開削後、琵琶湖疏水における舟運(通船)の利用が開始され、旅客船のピークである 明治28年(1895年)には年間30万人、運搬船のピークである大正14年(1925年)には年間22万トンもの資材が 行き交うなど、数十年にわたって旅客・貨物とも大いに利用された。しかしながら、自動車や鉄道等の急速な発達に伴い、舟運は、徐々にその数を減らし、昭和26年(1951年)9月に大津から山科まで4.5トンの砂を輸送したのを最後にその姿を消した。以来、琵琶湖疏水における舟運の復活を望む声は幾度となく挙がり平成27年(2015年)春に滋賀県大津市から京都市・蹴上までの約7.8kmの区間において、のべ16日間の「琵琶湖疏水通船復活」試行事業を実施し、64年振りに琵琶湖疏水における舟運を復活させることができた。

s-蹴上インクラインⅡ[蹴上インクライン]
南禅寺の近くにあり、全長582mの世界最長の傾斜鉄道跡で、高低差約36メートルの琵琶湖疏水の急斜面で、船を運航するために敷設された傾斜鉄道の跡地だ。線路沿いにはソメイヨシノやヤマザクラが植えられており、春には満開の桜並木の中、線路内を歩いて観賞することができる。

s-最勝院[最勝院]
南禅寺の東に、南禅寺塔頭の駒ヶ瀧最勝院(こまがたき さいしょういん)はある。境内背後の東山山峡は、鎌倉時代より「神仙佳境」と呼ばれ、霊地として知られていたという。臨済宗南禅寺派。古くより勝運の神として知られた。創建、変遷の詳細は不明。鎌倉時代、天台密教の駒道智大僧正が、この地に隠棲したことに始まるという。鎌倉時代末期、文永年間(1264-1275)、第90代・亀山天皇は、この地に離宮を営んだ。その際に、僧正を土地の鎮守として祀ったという。さらに、離宮を禅寺に改め、南禅寺の基を開いた際に、僧正を護法神として祀ったという.。紅葉の庭園は有名。

s-神泉苑[神泉苑]
東寺真言宗の寺院。本尊は聖観音・不動明王・弘法大師。二条城の南に位置し、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑(天皇のための庭園)であった。境内に「恵方社」として「大歳神:歳徳神(としとくじん)」を祀るが毎年大晦日の晩に恵方に祠の向きを変える点が他の神社仏閣と異なる(日本国内で毎年向きを変える「大歳神」は唯一ここだけに見られる祀り方であると伝えられる)。

s-無鄰庵Ⅱ[無鄰庵]
山縣有朋の別邸、南禅寺のすぐ西側、琵琶湖疏水のほとりにある。南禅寺界隈別荘の一つ。敷地は三角形の形状で、広さ約3100平方メートル。現在は1941年に寄贈されて京都市が管理している。その庭園は1951年(昭和26年)6月9日、国の名勝に指定された。 数寄屋造りの母屋、藪内流燕庵写しの茶室、煉瓦造り二階建て洋館、および広い日本庭園からなる。山縣は明治25年ごろから準備を始め、1894年(明治27年)に造営に着手、明治29年完成。洋館の設計は新家孝正で明治31年に竣工。

s-拾翠亭[拾翠亭]
九條池と拾翠亭は、五摂家の一つであった九條家の屋敷内に設けられた庭園の遺構だ。このうち、拾翠亭は今から200年ほど前の江戸時代後期に別邸として建てられたもので、遊び心にあふれた建築と言われている。今でもお茶会等に利用されている他、春から秋にかけての毎週金曜日と土曜日に一般公開されている。拾翠亭の前面に広がる池は九條池と呼ばれており、安永7年(1778年)頃、東山を借景とし、拾翠亭からの眺めを第一につくられたといわれている。
s-蹴上水路閣

蹴上水路閣

s-蹴上発電所導水管

蹴上発電所導水管


s-無鄰庵

無鄰庵庭園


s-無鄰庵Ⅲ

無鄰庵洋館


ならなぎロゴ
s-head.jpg


スポンサーサイト



くろんど園地

10月26日くろんど園地にハイキング&観察の目的で私市駅に集合した。道が狭いので2班に分けて時差出発した。3,4班は9時15分、1,2班は9時半出発だ。快晴だ。坂道を登ったりすると汗ばんできた。7kmの行程だが高低差があり道も険しい箇所があり、十分注意して歩いた。観察しながら歩くので時間がかかる。途中にある「休憩所」までで12時になった。軽く腹に入れて「BBQ広場」まで一気に行った。結局お昼は13時半になった。園地をぐるりと回ってからは同じ道を戻ることになる。紅葉が色づき始め快適なハイキング日和だった。私市駅に16時前に到着し解散した。
s-くろんど園地地図

くろんど園地地図

s-くろんど園地

くろんど園地

s-ヤマモミジ くろんど園地181026

色づいた紅葉


観察した木本

s-コバノガマズミ くろんど園地181026

コバノガマズミ

s-サルトリイバラ くろんど園地181026

サルトリイバラ

s-シャシャンボ くろんど園地181026

シャシャンボ


s-ヤブニッケイ くろんど園地181026

ヤブニッケイ

s-カマツカ実 くろんど園地181026

カマツカ

s-イヌツゲ くろんど園地181026

イヌツゲ


s-コウヤボウキ くろんど園地181026

コウヤボウキ

s-カワラハンノキ雄花雌花 くろんど園地181026

カワラハンノキ

s-カナメモチ くろんど園地181026

カナメモチ


観察した草本

s-クコ くろんど園地181026

クコ

s-カラスウリ くろんど園地181026

カラスウリ

s-アメリカイヌホウズキ くろんど園地181026

アメリカイヌホウズキ


s-ヤクシソウⅡ くろんど園地181026

ヤクシソウ

s-ツルリンドウ くろんど園地181026

ツルリンドウ

s-ツルリンドウ実 くろんど園地181026

ツルリンドウ実


s-ハダカホウズキ くろんど園地181026

ハダカホウズキ

s-センボンヤリ くろんど園地181026

センボンヤリ

s-スズメウリ くろんど園地181026

スズメウリ


ならなぎロゴ
s-head.jpg



ならなぎ特別例会 「鹿垣」

10月20日特別例会が行われた。奈良教育大渡辺教授による「鹿垣」について学んだ。10時当大学に40名が集合、教授の説明を受けながら周辺を回った。地図を参考にしてから順にコースをとり、1周して大学に戻った。2時間の予定だったが、教授の熱の籠った説明を受け、3時間掛った。昼食をはさんで13時40分から講義を受け15時で終了した。
s-鹿垣地図Ⅱ

コース地図


s-奈良格子[地図奈良格子]
奈良公園の鹿苑でやっている「鹿の角切り」も、江戸時代には町中でやっていた。そこで、シカが暴れても、家も守れるしシカも傷つけない方法として、奈良格子が編みだされたようだ。

s-バッタリ戸[地図バッタリ戸]
今は戸の支柱は現存していない。この写真は1999年に撮影されたもので、当時は残っていた。住宅街の道に鹿が入ってこないように戸が設置されていた。新薬師寺に保存されてあるらしく、拝観料600円を払って参拝頂ければ、支柱も見る事が出来る。

s-鹿捕獲柵[地図鹿捕獲柵]
畑のある区域に設置して侵入してきた鹿を生け捕りにする。殺傷してはならない。そのしかは永遠に鹿園にて管理される。

s-鹿垣遺跡[地図鹿垣遺跡]
鹿が農地に侵入しないように土塀が設けられた。今は崩れているが写真の左側が塀跡で多分2mくらいの高さがあったと思われる。その右に少し窪んでいるが、そこを掘って塀を築き上げたていった。

s-現代版バッタリ戸[地図現代バッタリ戸]
鹿やイノシシが侵入されないように柵を設けてある。農道を誰もが通り過ぎれるように開け閉めが出来るようになっている。山野辺の道にも良く見かける。

s-春日神社 勝訴記念碑[地図春日神社 勝訴記念碑]
1979年第1次鹿害訴訟を提訴。原告は農協非加盟農家、被告は春日大社と愛護会。1981年第2次鹿害訴訟で国と市を提訴。1985年和解成立。
鹿侵入防止フェンス費用1000万円/年を国が負担している。

s-渡辺教授[講義内容]
奈良の鹿が神聖なものになったのは、春日大社に祭られている武甕槌命(たけみかづちのみこと)が、鹿島神宮(茨城県)から白鹿に乗ってやってきたとの伝承による。住民は神鹿(しんろく)として大事にする一方で、農産物の食害に悩まされ続けた。鎌倉時代には、奈良で鹿を殺すと処刑されるケースもあるほど神聖なものとされた。しかし厳罰の風潮は徐々に薄れ、食害に注目が集まる。江戸時代には鹿が街から農家のある周辺部へ出ないよう鹿垣と呼ばれる垣根や土塀が設けられた。殺傷せず多大な費用を支出してでも、人と鹿が共存できる社会を実現できるように努力を重ねた。
ならなぎロゴ
s-head.jpg







大和長寿道

10月12日10時JR桜井駅に集合して大和長寿道を散策した。ルートは下記の通りで、9.7kmの道のりだ。
散策ルート: 桜井駅~安倍文珠院(拝観・トイレ)~安倍寺跡(トイレ)~稚桜神社~みずし観音~万葉の森(昼食・トイレ)~天香久山(見るだけ)~公衆トイレ~藤原京跡(トイレ)~おふさ観音~畝傍駅(解散)
ボケ封じの道として知られているが、古来は延命長寿とされており、安倍文殊院とおふさ観音の両寺をお参りして効き目があると言われている。秋が訪れ涼しくなり、清々しい気分で散策が出来た。文殊院の国宝「渡海文殊」は快慶作ではじめて現物を見て感動した。
抹茶付きで和尚の説法を拝聴した。面白く話しされ退屈しなかった。おふさ観音では名前の由来を聞いた。藤原宮を通ったが、多くのコスモスが綺麗に咲いていた。

*渡海文殊はインターネットから引用
国宝 渡海文殊(とかいもんじゅ)

国宝 渡海文殊


s-安倍文殊院[安倍文殊院]
孝徳天皇の勅願によって大化改新の時に、左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)が安倍一族の氏寺として建立したのが「安倍山崇敬寺文殊院」(安倍寺)である。大化元年(西紀645)倉梯麻呂が創建した安倍寺(崇敬寺)は、現在の寺の南西300メートルの地に法隆寺式伽藍配置による大寺院として栄えていた。鎌倉時代現地に移転後も、大和十五大寺の一つとして栄え嘉吉元年(1441)この興福寺官務牒疏には当時なお二十八坊の存在が記されており、寺運はなかなか隆盛であったが、永禄六年(1563)二月松永弾正の為に兵火に会い一山ほとんど鳥有に帰する災を受け、その後寛文五年(1665)四月に到って本堂(文殊堂)と礼堂を再建されたのである。現在の本堂は即ちこれで、人母屋造本瓦茸七間四面の建物で前に礼堂(能楽舞台)を従えている。 本堂の右に釈迦堂、左に大師堂、本坊、庫裡が並ぴ庭園を隔てて方丈客殿につらなっている。

s-天香山神社
[天香山神社]
天香山神社(あまのかぐやまじんじゃ)の祭神は、櫛真智命神(くしまちのみことのかみ)である。
境内にある「朱桜」(にわざくら)という古名で知られる「波波架の木」(ははかのき)は、その昔、占いに用いられたと言われている。
「古事記」の天岩戸神話(あまのいわとしんわ)には、天香具山(あまのかぐやま)の雄鹿の骨を抜きとって「朱桜」の木の皮で焼き、吉凶を占ったとある。

s-おふさ観音
[おふさ観音]
おふさ観音は、高野山真言宗・別格本山のお寺である。その本堂が建つ辺り一帯は、かつて「鯉ヶ淵(こいがふち)」と呼ばれる、大きな池であった。時は慶安3年(1650)4月、ある日の早朝のこと。この地で暮らす「おふさ」という娘さんが、鯉ヶ淵のそばを歩いていると、白い亀の背中に乗った観音様が、目の前に現れた。おふささんは、池のそばに小さなお堂を建て、そこに観音様をおまつりすることにした。その観音様は、色々なお願い事をかなえてくださるとして、近くの村人たちに厚く信仰され、大切にまつられた。やがて誰からともなく「おふさ観音」と呼ばれるようになったといわれている。

s-安倍文殊院金閣浮御堂

安倍文殊院金閣浮御堂

s-安倍文殊院西古墳

安倍文殊院西古墳


s-藤原宮から見る耳成山

藤原宮から見る耳成山

s-勧請縄

勧請縄


ならなぎロゴ
s-head.jpg




小阪小学校遠足

10月10日小阪小学校遠足のお手伝いをした。場所は枚岡公園にあるみんなの広場だ。生徒たちは1年生、2年生合同で93名が集まった。10時集合だが、我々スタッフは9時から準備をした。テーマは「いろんな葉っぱをみつけて森で遊ぼう」だ。スケジュールは10:15観察スタート 決められたコース(下記コース参照)を回って用意した台紙の葉っぱを探す 11:20葉っぱで遊ぼう 4つのブースを設け葉っぱの特徴を遊びながら勉強する  12:00終了 昼食 となっている。ブースでは①葉っぱに字をかこう②葉っぱの匂いをかいでみよう③10円玉を磨こう④ヒッツキムシを引っ付けよう を設けて植物の不思議を感じてもらった。
11班に分けて11名のリーダーとブース説明員、進行係などでスタッフ17名が活動した。皆、元気にいろいろな葉っぱを探し台紙にシールを貼っていった。どんぐりが沢山落ちていて一生懸命集めていた。橋の上からカエデの種を飛ばしてよく飛ぶことを学習した。昼食を広場で一緒に食べることにしていたが、残念なことに雨が降り始めたので、学校に戻って食べることになった。生徒たちはショックだが仕方なくあきらめて帰路についた。子供達はなかなか自然に親しむ機会がないので、出来るだけ協力して、生命の尊さを教えていきたい。

小阪小学校コース
s-IMG_6471.jpg

葉っぱに字を書こう

s-IMG_6474.jpg

10円玉を磨こう


s-IMG_6475.jpg

葉っぱの匂いをかいでみよう

s-IMG_6478.jpg

ヒッツキムシを引っ付けよう


s-IMG_6480.jpg

ドングリを拾う子供たち

s-小阪小学校台紙

葉っぱの台紙


ならなぎロゴ
s-head.jpg


例会 奈良阪コース

10月5日例会「奈良阪コース」だ。雨模様と覚悟していたが、回復し暑く感じられた。今日はいつものコースに追加して、三笠霊園にある「重源さんの墓」を訪ねた。重源は鎌倉時代に東大寺を再建した立派な僧侶で、コースに入っている五劫院を開基した。しかしその寺院には「公慶(江戸時代に勧進役となり東大寺を再建した)」の墓があり、いつも墓参しているが、重源の墓はない。変だ五劫院から15分ほど歩いたところに、重源の墓がある。すごい坂道で閉口したが、墓参することが出来た。余談だが「島左近」の墓があった。なぜ墓があるのか定かでないが。15時前に転害門で終了後、今日は東大寺勧進所で特別開扉があり、国宝「僧形八幡神坐像」、「公慶上人坐像」、「五刧思惟阿弥陀如来」を拝むことができた。五劫院でもご本尊「五刧思惟阿弥陀如来」を拝むことが出来たが、東大寺のそれは良く見る如来像ではなく衣で身を包んでいた。
*如来像はインターネットより引用*
s-重源の墓

重源の墓

s-重源の墓Ⅱ

重源の墓Ⅱ


s-島左近墓

島左近の墓

s-公慶堂

公慶堂


五劫思惟阿弥陀仏坐像(東大寺)

五劫思惟阿弥陀仏坐像(東大寺)

五劫思惟阿弥陀仏坐像(五劫院)

五劫思惟阿弥陀仏坐像(五劫院)


ならなぎロゴ
s-head.jpg


志都美小学校遠足

10月4日志都美小学校4年生の遠足のお手伝いをした。奈良公園「飛火野の自然を体験しよう」をテーマに子供たちに楽しんでもらった。約50名(引率先生3名)の参加があった。10時半に飛火野に集合して、6班に分けて各リーダーが担当し生徒たちにポイントを順次説明した。体験してもらったポイント⓵木の高さを測ろうー三角スコープを使って木の高さを計測する(2等辺三角形の原理を説明)②日本で一番大きな木(蒲生のクスノキ)の幹回りをロープを使って知る③雷が何度も落ちて樹の真ん中に大きな穴が開いているのに枯れずに生きているのはなぜ?④ムクロジの実を水に入れると泡が出る⑤フジのつるを水につけて吹くとブクブクとなる⑥エビフライを探してもらいこれは何かを知る⑦鹿の餌やり⑧その他クイズー鹿などに関する・・・昼からのスケジュールもあるので少し時間が短かったが調整をして12時に終了した。あいにくの雨であったが生徒たちは元気に説明を聞き、自然の不思議を体験してもらったと思う。またスタッフは15名も応援してくれて手厚くフォローが出来て良かった。そして何よりも引率の先生方お疲れ様でした。
これからも「子供たちのならなぎ」を広めて行きたい。
s-集合

集合


s-志都美小学校遠足

地図

s-鹿の餌やりⅡ

鹿の餌やり


s-三角スコープ

木の高さを測ろう

s-雷クスノキ

雷クスノキ


s-ムクロジの泡

ムクロジの泡

s-鹿と一緒

鹿と一緒


ならなぎロゴ
s-head.jpg