FC2ブログ

奈良公園へフジの花を観に行こう

奈良在住の方々に奈良を良く知ってもらうため、「ならなぎ」のネームバリューを高めるため、会員の資質を高めるために、奈良市の市民だよりに下記案内を広告いただいた。
●奈良公園へフジの花を観に行こう(半日ウォーキング)飛火野から春日大社へ 自然観察ガイド付
とき…4月29日(祝日)午前9時半~正午
ところ…東大寺南大門前集合
費用…要
定員…30人
当日会員は9時集合し、ゲストを待った。28人の参加者を迎えられた。
快晴で汗ばむ日の中、9時40分スタートした。コースは東大寺南大門→大仏殿交差点→飛火野①→飛火野②→若宮神社→春日大社だ。残念ながらフジのピークは過ぎていたが、まだ綺麗に残っている所もあり(春日大社の砂ずりのフジは終わっていた)、まずまず喜んで頂いたと思う。フジだけではなく、他の植物クスノキ、カマツカ、ナギ、イヌガシ、コナラ、エゴノキ、ムラサキサキゴケetc,の説明をしながら巡った。特に思いのほかジャケツイバラが綺麗に咲いていた。鹿の生態についても興味深く聞いてもらったと感じた。下の禰宜道(ささやきの小径)を歩くコースで距離があったが皆様元気で最終まで参加いただいて予定通り12時で春日大社駐車場に到着!アンケートおよび「ならなぎ」の宣伝をして終えた。
s-ガイド風景

ガイド風景 飛火野


s-フジ 春日野園地180430

フジ 春日野園地

s-フジ 飛火野180430

フジ 飛火野

s-フジⅡ 飛火野180429

フジⅡ 飛火野


s-フジⅢ 飛火野180429

フジⅢ 飛火野

s-フジ 金龍神社180429

フジⅡ 金龍神社

s-ジャケツイバラ 奈良公園180429

ジャケツイバラ


遅咲きの「八房藤」が見事だった。立札には「若宮神社本殿北側のナギの幹に大蛇のように巻き付いているフジは、古くから、「八房藤」または「八ツ藤」と呼ばれている。この名は太いツルが八つに分かれているためとも、花が八重であるので八重藤から転じたとも伝えられている。他のフジよりも開花が一週間程遅い。文明元年(1469)の記録が残り、樹齢は五百年以上と考えられる。宝永年間(1704~1711)に結成された「春日八ツ藤講」の由来ともなった由緒あるフジである。」とあった。

s-八房フジ 若宮神社

八房フジ 若宮神社

s-八房フジⅡ 若宮神社

八房フジⅡ 若宮神社


番外 ささやかな昼食の後、大御堂の「ヒトツバタゴ」と勧進所の「ケイト」の情報を得て観察に行った。

s-ヒトツバタゴ 大御堂180429

ヒトツバタゴ 大御堂

s-ヒトツバタゴⅡ 大御堂180429

ヒトツバタゴ 大御堂


s-ケイカ 東大寺勧進所180429[ケイカ]
レンプクソウ科ガマズミ属
本種は鑑真和上遷都化1200年に当たる昭和38年に、和上の故郷である江蘇州市より1株が中国仏教教会を通じて唐招提寺に贈られている。その後、挿し木増殖などにより現在10株となり、現在、我が国では、皇居・唐招提寺・和上が我が国に初上陸した佐賀県、そして東大寺で栽培されているのみである。


スポンサーサイト



新緑の飛鳥京散策

自然と文化科の行事で、4月27日飛鳥京を散策した。関西の人なら幾度か歩いたことがあると思うが、季節ごとに違う景色で迎えてくれて飽きない。飛鳥京観光協会のガイドさんの案内で一日観光した。行程は下記のとおりである。6km程度歩いた。
飛鳥駅~高松塚古墳~飛鳥歴史公園館~亀石~川原寺~橘寺~石舞台古墳~伝承板葺宮~飛鳥寺~甘樫丘~橿原神宮駅
時間がないので詳しくは観光できず、石舞台と飛鳥寺に入場し、他は外から見るだけになった。昔行った記憶と違いすごく整備されていて、観光しやすくなっていた。石舞台芝生広場には社会見学なのか沢山の小中学生が昼食を取っていた。我々も仲間に入れてもらって弁当を広げた。小さいころこの古墳の上や中で自由に遊んだことが思い出され懐かしい。飛鳥時代と現代が交錯する空間があり、不思議な気分になる。ハイキング日和でありいつまでも歩いてみたい気分だ!最終甘樫丘を力を振り絞って登った。畝傍山や耳成山、また板葺宮が眼下に見られ、蘇我入鹿の気分になった。欠史8代の孝元天皇陵の脇を通って橿原神宮駅に到着した。
s-高松塚古墳Ⅱ[高松塚古墳]
奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。現在は修復中であり見る事は出来ない。



s-石舞台[石舞台古墳]
墳丘は現在失われているが、下部は方形で、20-50センチメートル大の花崗岩の貼石を約30度の傾斜で積み並べられていた。墳丘の周りに幅5.9-8.4メートルの空堀がめぐり、幅約7.0メートルの外堤が設けられている。外堤を復元すれば一辺約80メートルで、高さは約1.2メートルである。
元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたが、その土が失われ、巨大な石を用いた横穴式石室が露出している。埋葬者としては蘇我馬子が有力視されている。

s-飛鳥寺[飛鳥寺]
飛鳥寺(法興寺)は蘇我氏の氏寺として6世紀末から7世紀初頭にかけて造営されたもので、本格的な伽藍を備えた日本最初の仏教寺院である。『日本書紀』によると、法興寺(飛鳥寺)は用明天皇2年(587年)に蘇我馬子が建立を発願したものである。馬子は排仏派の物部守屋と対立していた。馬子は守屋との戦いに際して勝利を祈念し、「諸天と大神王の奉為(おほみため)に寺塔(てら)を起立(た)てて、三宝を流通(つた)へむ」と誓願し、飛鳥の地に寺を建てることにしたという。

s-鬼の雪隠

鬼の雪隠

s-亀石

亀石

s-石舞台Ⅱ

石舞台

s-聖徳太子孝養像

飛鳥寺聖徳太子孝養像


s-阿弥陀如来坐像

飛鳥寺阿弥陀如来像

s-板蓋の宮

板蓋の宮

s-畝傍山

畝傍山

s-ギンラン 飛鳥180427

ギンラン

s-キリ 飛鳥180427

キリ

s-シュロ 飛鳥180427

シュロ

s-コデマリ 飛鳥180427

コデマリ

s-イソヒヨ

イソヒヨドリ


飛鳥寺大仏

飛鳥寺大仏







アースデイ奈良

4月21日アースデイ(2009年の国連総会で、4月22日を「国際母なる地球デー(英語版)」とすることが採択され、翌2010年から世界中で実施されている)奈良が登大路園地で行われた。それを共催している「春日山原始林を未来へつなぐ会」にならなぎが協賛した。「・・・へつなぐ会」のコンセプトは「奈良公園には、春日山原始林をはじめとする貴重な自然が残されている。この貴重な自然をもっと知り、楽しんでほしい」となっている。今回「ならなぎ」は奈良公園の自然と歴史を知ろうと題して参加を募ってもらった。10時登大路園地からスタートした。参加者は大人4人、子供2人と少人数だったが中身の濃い説明が出来た。みとりゐ→戒壇堂→大湯屋→2月堂→鐘楼→東大寺金堂→南大門→登大路園地のコースで12時半終了した。
今日の最高気温は28℃を超え汗ばむ一日で、特に子供たちには水分補給に気を付けながらのガイドとなった。奈良の八重桜を沢山見かけた。観光客を楽しませているが、ピンク色に変化してきて、そろそろ終わりかなって感じだ。みとりゐで珍しくルリセンチコガネを2匹見つけた。皆見たのが初めてで興味深々だった。参加者の皆様は奈良在住の方だが、知らないことが多かったようで、参加して良かったと言ってもらえた。最後にコースから少しはずれて春日野園地の満開の御衣黄を愛でて気持ち良く帰って頂いた。

みとりゐ池2

ガイド風景みとりゐ池

二月堂2

ガイド風景二月堂


s-IMG_2683.jpg

ルリセンチコガネ

s-IMG_2728.jpg

ナラノヤエザクラ


s-フジ

フジ

s-IMG_2726.jpg

御衣黄


箕面観察会

箕面駅に9時半集合 春の散策をした。コースは下記の通りで昨年の台風で地獄谷が通れなくなっていたが、復旧され通れるようになった。前のコースと若干変わっている。
箕面駅前 - 商店街 - 聖天橋 - 西江寺裏 -(登山道)- 聖天展望台 -箕面山荘(WC)- 才ヶ原林道 - 才ヶ原池(昼食)- 地獄谷 - 姫岩(WC)― 箕面川左岸 - 瀧安寺 -昆虫館 ― 箕面駅 (高度差 200m、全長約5km程度の行程)
天気晴れ70数人が行動した。何回も同じところを観察したが、いまだにはっきりせず、同定に悩んでいる。四季おりおりの変化がそうさせるのだが、勉強不足なんだろう今年の桜は早かったが、遅咲きの桜はまだ見る事ができた。草本は生き生きしていて咲き誇り、木本も花を沢山つけ始めている。派手な花もあれば、地味な花もある。以前なら地味な花は気にもせず(気が付かなかった)にいたが、今すごく気になる。すべての植物が子孫繁栄のため花を咲かせている。気になった植物を挙げる。

s-ギョイコウ 箕面180413

御衣黄桜

s-カスミザクラ 箕面180413

カスミザクラ

s-ウワミズザクラ 箕面180413

ウワミズザクラ


s-アカメガシワ 箕面180413

アカメガシワ

s-アリドウシ 箕面180413

アリドオシ

s-ゲッケイジュⅡ 箕面180413

ゲッケイジュ


s-コハウチワカエデ 箕面180413

コハウチワカエデ

s-ニガイチゴ 箕面180413

ニガイチゴ

s-ハナズオウ 箕面180413

ハナズオウ


s-マルバアオダモ 箕面180413

マルバアオダモ

s-ミツバアケビⅡ 箕面180413

ミツバアケビ

s-クサイチゴ 箕面180413

クサイチゴ


s-ヤマネコノメソウ 箕面180413

ヤマネコノメソウ

s-ハナニラ 箕面180413

ハナニラ

s-キランソウ 箕面180413

キランソウ





「てんとう虫の会」第7回同窓会 妙見山

4月9日、同窓会の催しで妙見山に行った。目的は花見とバーベキューだ。今回は気候もよく花見とあって16名全員の参加となった。能勢電鉄の妙見口駅10時に集合したが、能勢電主催のハイキングが開催されていて凄い人出だった。サクラを求めて黒川桜の森に向かった。薄曇りであったが爽やかなウォーキングだ。かなりの距離を歩いて到着したが、残念ながら葉桜になっていた。しかし道々色んな花が咲き誇っていて、それだけでも楽しめた。花を同定したり、道を間違えたりしたので予定よりも遅くなり、急いで「BBQテラス」に行った。「妙見の森ケーブル」に乗って「山上駅」で降りるとビックリ見事な桜が待ってくれていた。山上だから咲くのが遅いのだろう。「BBQテラス」で歓談したあと「妙見の森」の桜をいっぱい愛でた。楽しい同窓会だった。2人の幹事さん、ご苦労様でした。

観察した花・鳥

s-レンギョウ 妙見180409

レンギョウ

s-リキュウバイ 妙見180409

リキュウバイ

s-クロモジ雄花 妙見180409

クロモジ雄花


s-キズタ 妙見180409

キヅタ

s-カリン 妙見180409

カリン

s-ウリカエデ 妙見180409

ウリカエデ


s-アケビ雄花・雌花 妙見180409

アケビ雄花・雌花

s-アカメガシワ 妙見180409

アカメガシワ

s-アオキ雄花 妙見180409

アオキ雄花


s-エドヒガンⅢ 妙見180409

エドヒガン

s-オオシマザクラ 妙見180409

オオシマザクラ

s-ソメイヨシノ 妙見180409

ソメイヨシノ


s-ホウジロ 妙見180409

ホウジロ

s-キセキレイ 妙見180409

キセキレイ

s-妙見 山上駅

山上駅

s-妙見山BBQテラス 妙見180409

BBQテラス


妙見の森

妙見の森



今期最初の例会

4月5日今期はじめの例会だが、午後から総会があるため、飛火野半日コースを回った。興福寺境内から菩提院大御堂、春日大社の一の鳥居を通り浅茅ケ原に出て、最後新公会堂で終えた。
気温20℃で薄曇りであったが、清々しい1日で気分良く歩いた。菩提院大御堂はカラタチやヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの樹)があり楽しみのスポットだ。木戸があるので観光客は遠慮がちで少ないが、自由に出入り出来る。キズタの実がなっていた。キズタは10~11月に花を咲かせ、翌年の春に熟す。実はまるで茶釜のようだった。
浅茅ケ原ではソメイヨシノはすでに散っていたが、奈良の九重桜が見頃だった。花の開花と同時に葉も芽吹くという特徴があるがソメイヨシノやヤマザクラよりは知名度が低い。この後に平安時代からある奈良の八重桜が続く。
また浅茅ケ原には奈良情緒たっぷりの料理旅館 江戸三がある。玄関に男女の下駄が置いてあって趣があり思わず写真をパチリ
新公会堂は今は奈良春日野国際フォーラム甍 IRAKAという名で運営されている。立派な庭があるが、無料で見学できシダレザクラが見事であった。
今期も奈良の四季を楽しもう♪(/・ω・)/ ♪
茶釜のようなキヅタの果実 菩提院大御堂 2018-4-5

キズタの実

浅茅ヶ原 江戸三 2018-4-5 (1024x736)

江戸三


トラツグミ 浅茅ヶ原 2018-4-5 ②[トラツグミ]
今日出会った鳥 山間部の林で繁殖し、夜中等にヒィーーン ヒィーーンとさえずるので昔は山の中で妖怪が鳴いていると言われていた。

[写真F氏撮影]





よりみちクラブ 春爛漫の佐保川沿いを歩く

4月3日「ならなぎ」の番外編「よりみちクラブ」の企画で、古都の古刹を訪ねた。24名が参加だ。快天に恵まれ、10時に近鉄新大宮駅をスタートしてサクラを愛でながら探索した。経路は下記である。
    佐保川沿い桜 → 海龍王寺→ 法華寺→ 平城宮跡(昼食)→ 秋篠寺 →西大寺
歩いて10分ほどで佐保川に着いた。サクラ満開から数日が経っていたので心配していたが元気に我々を迎えてくれた。すばらしい光景だしばらく歩いて海龍王寺に来た。

佐保川サクラ

s-海龍王寺 本堂[海龍王寺本堂]
海龍王寺は天平3(731)年、遣唐使として中国に渡っていた初代住持の玄昉が、一切経と新しい仏法とを無事に我が国にもたらすことを願い、光明皇后によって創建されたとも伝わっており、お寺の場所が平城宮の東北の隅に当たることから「隅寺あるいは角寺」とも呼ばれている。玄昉が唐より帰国の途中、東シナ海で暴風雨に襲われた際に、海龍王経を唱えたところ、かろうじて種子島に漂着し、奈良の都へ無事に帰ることが出来たことがきっかけで遣唐使の無事を祈願する寺院となり、現在も旅行・留学に赴く方々の信仰を集めている。

s-海龍王寺 国宝五重小塔

五重小塔(国宝)

s-海龍王寺 西金堂

西金堂

s-海龍王寺門

寺門


s-海龍王寺 鐘楼堂

鐘楼堂

s-海龍王寺 護摩堂

護摩堂

s-ハナミズキ海龍王寺門

ハナミズキ


そこからすぐのところに法華寺門跡がある。
s-法華寺 本堂
[法華堂本堂]
聖武天皇の皇后である光明皇后の発願により、総国分尼寺として建立。光明皇后の父藤原不比等の邸宅跡に建つ。東大寺を起点とした佐保路の西の端にあたる。平安遷都後一時は衰退したが、豊臣秀頼、淀君によって、慶長6(1601)年に本堂・南門・鐘楼(いずれも重要文化財)が再建された。本堂に安置されている十一面観音立像(国宝)は、光明皇后がモデルであると伝えられている。また、本坊の庭園は名園として有名。安産や厄除けのお守りになる守り犬は、寺の尼僧の手によるもの。

s-法華寺門跡

門跡

s-法華寺 薬師堂

薬師堂

s-法華寺 浴室(からふろ)

浴室(からふろ)


これで午前は終了平安宮跡で弁当を食べた。でそよ風が清々しかった。寒く風が強い雨の時とは雲梯の差だ食事後3km離れた秋篠寺へ向かった。1時間弱で到着。
s-秋篠寺 本堂(国宝)[秋篠寺本堂(国宝)]
奈良時代末期780年頃、光仁天皇の勅願によって建立され、開山は善珠僧正と伝えられています。平城京西北の外れ「秋篠」の地に建てられたためこう呼ばれてる。平安時代末期に戦火のため伽藍の大部分を焼失し、鎌倉時代には今の本堂がもとの講堂の跡に再興されましたが、金堂や東西両塔の跡は雑木林になってしまっている。本堂に25体安置されている仏像の中でも特に著名なのが伎芸天(重文)で、諸技諸芸の守護神として多くの芸術家や芸能人らに慕われ、またその造形の優美な写実性は古美術愛好家の間でも広く親しまれている。

s-秋篠寺 大元堂

大元堂

s-秋篠寺 苔庭

苔庭

s-秋篠寺 境内

境内


各古刹の仏像を拝み悔いを改めた気持ちになり、西大寺まで歩いた。14時30分終了。


サクラ、さくら、櫻

今年のサクラは平年より早く咲き、大阪では8日早い3月20日に開花宣言があった。3月26日には満開となり1週間サクラを満喫した。サクラと言えば「ソメイヨシノ」だが、このサクラはエドヒガンとオオシマザクラの交配により出来たものだ。江戸の染井村の職人が育成して、初め奈良の吉野のサクラが有名なので、「吉野桜」として売り出したが、吉野のヤマザクラと品種が違うことが判明し、「ソメイヨシノ」と命名した。「ソメイヨシノ」は接木もしくは挿し木など人の手によって作られたものであり、クローン植物だ。よって条件さえ一致すれば一斉に見事に咲く。

今春観たサクラ
大泉緑地サクラ
[大泉緑地]
ソメイヨシノ600本 サトザクラ100本が植樹されており圧巻だ。平日のことでもあったが人出は少なく穴場だ。

s-御所土手180330
[奈良県御所市土手]
市役所の前に流れている葛城川の土手にズラ~っと並んで咲いている。墓参りの帰りに寄った。護岸工事のため、大量に伐採されたが、昔は遠くから花見に来ていた。しかし今でも面影を残し見事だ。

s-大阪城サクラ
[大阪城]
サクラも凄いが人出も凄かった。海外からのお客さんが拍車をかけている。西の庭園は有料で入園できるが凄い列になっていて、とても入る気にはならなかった。

s-天龍寺サクラ
[天龍寺]
嵐山も凄い人出で、渡月橋を渡るのに時間が掛った。サクラも見事だが、その他植物モクレン、ハナモモ、クロモジ、レンギョ、ハナズオウなどピンク、白、黄色とカラフルで綺麗だった。

s-平安郷夜桜
[京都平安郷夜桜]
 京都・嵯峨野の中でも特に平安時代の面影を残していると言われる一角に平安郷(敷地面積約3万坪)がある。この地域は歴史的風土保存特別地区に指定され、美観や歴史的風情がある。毎年3日間だけ一般公開されている。

s-竹生島サクラ
[竹生島]
滋賀県長浜市にある島で、「宝厳寺」があり参拝客で賑わっていた。165段の階段を上った後の景色は絶景だ。