FC2ブログ

奈良瑠璃絵 元興寺1300年の歴史


奈良瑠璃絵の一連の行事で春日大社・国立博物館に次いでの講演を聴講した。今日は元興寺住職杉本氏から話があった。やはり話慣れをされているのか、分かり易すく1時間がすぐに経った。禅室で講話を聴いた内容を列挙する。
・禅室とは僧坊のことであり、高僧の部屋であり、僧の勉強部屋であり、寝室でもあった。
・元興寺は蘇我馬子が建立した日本最古の飛鳥寺を718年に現在の奈良に遷した。今年で1300年になる。当初は法興寺と呼んでいた。
・お経は朝鮮から伝わった。遣唐使の力が強い。有名なのは藤原の不比等の兄「定慧」、行基の師匠の道照がいる。道照は三蔵法師に仕えた。日本に持って帰ったもの①お経②シャリ(お釈迦様の骨)③大きな鉢(鍋?)④禅定(ヨガ・マインドコントロール)影を見る事は自分自身を見る事)⑤ボランティア精神(寺・橋・ため池など民衆のために造った)
・舒明天皇 大官大寺(大安寺) 天智天皇 河原寺(弘福寺(ぐふくじ)) 天武天皇 薬師寺 法興寺(元興寺)の四大寺があるが残っているものは何もない。ただ飛鳥大仏だけが残った。
・その後国立の東大寺が建立され、一番大きな寺となる。政治と仏教は密接していたが、平安時代以降その精神が崩れてきて、藤原家の力で興福寺が一番権力を得た。元興寺は幸いにも興福寺に近かったので取り込まれ廃寺に追い込まれなかった。

以上とりとめないまとめとなりましたが、禅室で住職の講話を拝聴する良い体験ができました。終了後法輪館と極楽堂を見学させていただきました。また機会があれば参加したいと思います。
元興寺禅室

元興寺禅室

元興寺極楽堂

元興寺極楽堂



スポンサーサイト



古市古墳群の巨大王墓と竹内街道を歩く

快晴の中、古市古墳群を見学して回った。近鉄土師ノ里駅に10時に集合して、フィールドミュージアムトーク史遊会の皆様の案内だ。コースは土師ノ里駅→仲姫陵古墳→古室山古墳→大鳥塚古墳→応神天皇陵古墳拝所→誉田八幡宮→西琳寺→杜本神社→飛鳥戸神社→観音塚古墳→飛鳥ワイン。
s-仲姫命陵仲姫命陵
〇応神天皇皇后の墓。墳丘長290m後円部径170m・高さ26m前方部幅193m・高さ23m前方部を南に向けています。
〇墳丘は三段築成でくびれ部両側に造り出しを持ちます。
〇周囲の深く盾形の濠と幅広の堤はこの古墳の特徴となっています。また堤の外側斜面にも葺石を詰め堤の上にも円筒埴輪に黒斑があること等からはんだんして4世紀末~5世紀初頭と推定され津堂山古墳に次ぐ時期の大王級古墳と想定されます。



応神天皇陵
s-応神天皇陵〇墳丘長425m後円部径250m・高さ35m前方部幅300m・高さ36m古市古墳群最大の古墳で百舌鳥古墳群の仁徳天皇陵についで全国第2位の規模を誇ります。
〇体積表面積では仁徳天皇陵を上回っている。
〇墳丘は三段築盛でくびれ部両側に造り出しを敷設しています。
〇二つ塚古墳を破壊することなく避けるように尚且つ一部を取り込んでいる配置から、二つ塚古墳被葬者は相当身分の高い方と推定されます。
〇誉田丸山古墳は応神天皇陵古墳の主軸線状に位置して築かれ江戸末期出土しました「金銅製龍文透彫鞍金具」は国宝に指定され誉田八幡宮に所蔵保管されています。
応神天皇・皇后の両墓を見て、御祭神が応神天皇である誉田八幡宮に到着した。社伝によれば「欽明天皇の命により応神天皇陵の前に社殿を建立」と、されておりこれから「日本最古の八幡宮」と言われています。この神社の裏手に応神天皇陵が見え、そこに参拝するために渡る放生橋があった。昔は御陵に入れたらしい。
s-誉田八幡宮

誉田八幡宮

s-放生橋

放生橋



お昼は駒ヶ谷西側公園で頂いた。暑い位の日差しだった。そこから竹ノ内街道を歩いて上の太子道駅まで来た。随分歩いた、駅4つ分だ!最後急な斜面を登り観音塚古墳に行った。古墳時代末期の墓で横穴式石室となっている。国指定史跡に認定され現在では石槨内部がみられた。帰りに飛鳥ワインに寄って製造過程を見学して、ワインで喉を潤して帰路についた。
s-観音塚古墳横穴式石室Ⅱ

観音塚古墳

s-飛鳥ワイン

飛鳥ワイン



京都植物園 -冬芽観察-

月1回病院に見舞いに行く帰りに京都植物園によって、観察をしている。このごろ続いていた厳冬よりは少しましになってきたが、今日は曇り空で雨が降りそうな日だった。「四季の樹」では冬芽があまりない事に気づき、メインの樹木の冬芽を撮影した。まだ寒い日だから入場者少なく、行き交う人はまばらだ。その中で「自然と文化科」の人と偶然あった。勉強熱心だと感心する。すでに花がついている樹木もある。ローバイ、マンサクそしてアオモジがきれいな花をつけていた。
s-アオモジ

アオモジ

s-オオカナメモチ 京都植物園180221

オオカナメモチ


s-クマノミズキⅡ 京都植物園180221

クマノミズキ

s-コクサギⅡ 京都植物園180221

コクサギ


s-ミツマタⅡ 京都植物園180221

ミツマタ

s-オオカメノキ 京都植物園180221

オオカメノキ




ならなぎ例会 飛火野コース

2月20日は飛火野コースだ。いつものように行基像からスタートして興福寺に入り、菩提院大御堂から春日大社の参道、国立博物館前を通り、飛火野に出た。
s-明治天皇玉座跡クスノキ飛火野は凄く広い芝地になっていて、鹿のお陰でゴルフ場見たいに刈り取られている。そこに植えられている明治天皇玉座跡の大クスノキのそばで昼食だ。 厳冬が続いていたが、快晴に恵まれ、暖かい一日だったので、ゆっくりと食べることが出来た。
奈良公園の植物達は春を待ち望んで、 冬芽をつくり、準備をしている。気の早いアセビの一部はすでに花を付けていた。鳥に詳しいF氏が珍しいアオバトのつがいを見つけ写真を撮って頂いた。14時半春日大社で終了した。
観察した植物
s-シキミ

シキミ花・葉芽

s-クスノキ

クスノキ葉芽


s-カナクギ

カナクギ花・葉芽

s-イチイガシ冬芽

イチイガシ


s-イヌガシ

イヌガシ花芽

s-アセビ

アセビ花


青鳩

アオバト(撮影:F氏)






清和源氏ゆかりの地を巡る-冬の樹木-

2月16日寒さを警戒して厚着で出掛けたが、ここ2、3日穏やかな気候で寒さを感じなかった。
阪急山本駅から最明寺滝、井植別荘、萬願寺、北雲雀きずきの森を経由して、冬の樹木を観察した。

最明寺滝 鎌倉幕府第5代執権北条時頼が出家後、最明寺殿と名乗り諸国を遍歴したおり滝の美しさに惹かれこの地に庵を結んだといわれることから、この名がついた。最明寺滝は歌人和泉式部や、藤原一族が遊んだと言う落差10mほどの滝で、「年を経てみやまがくれのほととぎす聴く人もなく音のみぞ鳴く」の歌が残る。(年を経て山深く隠れ棲むほととぎすは聞く人もいない鳴き声をしきりにたてていることよ)

萬願寺724年に千手観音を本尊として創建。多田に居を構えた源満仲が帰依して以来、源氏一門の祈願所、後には後醍醐天皇の勅願寺、足利将軍家の祈願所として栄えたといわれている。山門両側の金剛力士像は、神仏習合の江戸時代までは多田院(今の多田神社)の山門にあったが、明治初年神仏分離により満願寺に移された。 多田に本拠をおいた源満仲が帰依して繁栄したという関係などから、寺地は宝塚市域内にありながら(多田神社のある)川西市の飛び地となっている。裏山の自然林は瀬戸内沿岸の典型的なシイ林で宝塚市及び川西市指定の天然記念物になっている。



観察した主な植物

クロモジ

クロモジ

シナマンサク

シナマンサク


ソヨゴ

ソヨゴ

ナガバジュズネ

ナガバジュズネ

ヤマコウバシ

ヤマコウバシ

リョウブ

リョウブ


長居植物園観察

寒波が続く中、穏やかな日になった。家にいるのはもったいないと感じて、冬の植物を見ようと、長居植物園に行った。まだまだ寒さは嫌いらしく、がっちりと芽に覆われているのが大半だが、気の早い植物もいる。

オニグルミ

オニグルミ

キササゲ

キササゲ

コウヤボウキ

コウヤボウキ

コナラ

コナラ


ザイフリボク

ザイフリボク

ソシンローバイ

ソシンローバイ

ボケ

ボケ

マンサク黄

マンサク

マンサク赤

マンサク



奈良瑠璃絵

2月12日 春日大社共生館で宮司 花山院弘匡さんの講話を聴きに行った。お題は「春日のおん祭り」についてだ!毎年12月17日に行われるお祭りの詳細をお話し頂いた。
00:00~24:00まで丸1日かけて行事が行われる。若宮から神様が1kmほど旅行され、芸能を楽しまれる。平安後期より行われ、日本一長く続いている(京都などの有名な祭りがあるが、室町時代あたりで中断されている)。16時半から始まり、18時15分終了した。
その後、奈良瑠璃絵を見学した。イルミネーションで飾られている。春日大社からの帰り道も光の演出がなされていて、ミラーボールが回っていた。メインの庭園イルミネーションは春日野国際フォーラムにあった。有料と無料のコースがあったが、無料でも十分楽しめた。また東大寺もライトアップされており、窓から大仏様のお顔を拝見できた。すごく綺麗だった(((o(*゚▽゚*)o)))
奈良瑠璃絵
奈良瑠璃絵Ⅱ
奈良瑠璃絵Ⅲ
奈良瑠璃絵Ⅳ
>庭園イルミネーション

庭園イルミネーション

東大寺南大門

東大寺南大門

東大寺大仏殿

よりみちクラブ 修正会

2月11日正月堂の修正会を見学に行った。二月堂で行われる修二会を始められた実忠和尚が、この正月堂を開創された由緒あるお寺である。ガイドさんにお願いして案内してもらった。天気予報では、曇り時々晴れだったが、山間のせいか大雪となった。幾分濡れたが風情があった。場所は島ケ原駅で下車するのだが、三重県伊賀市だ。観光協会で物産を販売していて、ここの「はさめず醤油」は美味いようで、買い求めて遠方から来ていた。
涅槃像まず天台真盛宗宗祖真盛上人の教えにより建立された「西念寺」を訪れた。12日に1年に1回の仏涅槃図の御開帳があるが、特別に1日早く御開帳していただいた。左図は仏涅槃図

次に本命の正月堂に行った。お昼をお寺の休憩所で雑煮を販売しており、それを買って弁当と一緒に食べた。13時半から餅まきが始まった。1個をゲット(^∇^)ノ気分をよくして、頭屋のお宅をお邪魔した。

餅まき

餅まき

正月堂へ奉納

正月堂へ奉納

15時から「練り込み」が始まる。大きな餅を正月堂に奉納するのだ。5つの「頭屋」があり、それぞれ奉納する。その1つに加えてもらい「練り込み」をした。道中「エトオッエトオッ」の勇ましい掛け声で練り歩く。1kmほどの距離だが、お神酒を頂きながら30分ほど掛けてお堂に着いた。いい経験をした。正月堂

正月堂









ならなぎ 盾列古墳群コース

今日はならなぎの例会で、盾列古墳群コースを散策した。10時平城駅に集合だ。天気は良かったがとても寒かった
成務天皇陵
リーダーは北川さんで分かりやすく説明を受けた。平城宮跡資料館に到着して、中で昼食をさせていただく予定が、あいにく閉館日に当たっていたので、外のベンチを借りて寒空の下で我慢した。昼からは水上池での野鳥観察だ。鳥博士の深江さんにご指導いただいて、多くの鳥を観察することが出来た。その後も古墳を訪ねて最後佐紀神社で終点。

平城宮

観察した植物;ヤマモモ、サカキ、ソシンローバイ、ナラガシワ、ソヨゴ、ナナミノキ、シャシャンボ、ネジキ 観察した鳥;アオジ、ツグミ、ヤマシギ、バン、カルガモ他  ヤマシギ(下記写真)はなかなか見れないらしくラッキーだった。


ヤマシギ

(撮影:深江さん)